事業計画書を作る前にやるべき4つの手順|補助金獲得するための重要ポイント

事業計画書の作成では、なかなか進まずにストレスを感じていませんか?

実は事業計画書の作成する前の事前準備をしっかりするだけで、負担は半分になります。

補助金と聞くと、お金がもらえるならとりあえず申請した方がいいでしょ!?

と思いがちなあなた。立ち止まって一旦深呼吸してみましょう。

この記事では、事業計画書を作る前に大切な以下4つをご説明します。

  1. 自社分析
  2. アイデア立案
  3. 誰に向けた事業か
  4. 運転資金

この土台を押さえるだけで、事業計画書をスムーズに作ることが出来たり、外部機関とやり取りに事を進めたりすることが出来ます。

是非参考にしてみて下さい。

ステップ①自社分析

新事業の立ち上げの前に必ずやること

今の事業が傾いている。だから、新しい市場に参入しよう!

このような行動力は非常に素晴らしいことです。

しかし、事業計画のアイデアを立案する前に、しっかりと自己分析を行うことで、更に良い事業計画を生み出すことが出来ます。

ここで役に立つ分析方法を一つご紹介します。

SWOT分析

SWOT分析とは

・強み
自社の強み・得意

・弱み
自社の弱み・苦手

・機会
自社を取り巻く外部環境のチャンス

・脅威
自社を取り巻く外部環境でのマイナス要素

4つの分類から、自社の弱みを克服し、強みを活かすことで、適した市場に参入することが出来るようになります。

SWOT分析の進め方

SWOT分析は一人で行うよりも複数名で行うことを推奨します。

  1. 強みに対して3分と時間を決めて書き出す
  2. 似たような情報を集める
  3. 優先順位を付ける

情報はたくさん出せば出すほど良いです。

複数名なら付箋で、一人ならフレームワークで行うと効率的です。

ステップ②アイデア立案

新しいより組み合わせ

新しいアイデアを出すことは本当に難しい時代となりました。

既にある事業を組み合わせることで、新しい事業アイデアが生まれやすくなります。

組み合わせ例

例えば、富裕層向けのジム経営を行っているとしましょう。

【情報】

既存事業:ジム
新しいターゲット:キッズ
エリア:教育水準が高い

教育水準が高いとすれば、教育にニーズがあるかもしれないですね。

そこで、英会話と組み合わせることで、心と身体の成長に英語スキルを合わせてみました。

これが組み合わせです。

ターゲットの重要性

事業は誰のためのもの?

  • 困っている人がいる
  • その困っている人に利益をもらたすことが出来る
  • お金が生まれる

これが成立して初めて価値やお金が生まれます。

顧客の不平・不満を考えてみる

既存のお客様が考える不平や不満を聞いてみることも非常に有効です。

また、ニーズを仮定し、アンケートを取ることも有効な手段でしょう。

やりたいことや、やってみたいこと。これでは顧客ニーズの解決出来る確率は低く、ギャンブルに近い状態です。

価値提供は顧客の不満を解決すること。これを念頭におきましょう。

ステップ④運転資金の確保

補助金の注意点の一つ、採択後すぐに受け取れないということです。

事業を行い、かかった経費を申請して初めて受け取ることが可能となります。

そこまでの運転資金は自分で用意しなければならないということです。

キャッシュがあるならば、一番良いですが、無い場合はどのように資金調達するのかを明確にする必要が有ります。

資金調達が明確でないと、「事業を進めるのに、お金はどうやってやりくりするの?」と不採択になるリスクが上がります。

まとめ

今回の記事では、事業計画書を作る前に大切な4つについて解説しました。

①自社分析

SWOT分析を用いて、強みと弱みを浮き彫りにしましょう。

②アイデア立案

新しいものを生むのではなく、既存の事業を組み合わせてみましょう。

③誰に向けた事業なのか

困っている人を助けて初めて価値が生まれることを忘れないようにしましょう。

④運転資金の確保

補助金は採択後、すぐに受け取れません。運転資金をどう調達するのか明確にしましょう。

これらが土台となります。

事業計画書を作る前に、是非参考にしてみて下さい。

ブログ一覧へもどる

株式会社中小企業経営支援事務所

〒162-0802

東京都新宿区改代町27-4-1 クレスト神楽坂2F

TEL 03-5946-8609

もくじ